売り込みなしでサロンの売上を上げる簡単な方法

最も初歩的。でも誰もやらないこと…

お客さんに声をかけ、より多く買って頂いたり、多く払ってもらう事は、売上を上げるためには必須の行動です。

成約率の違いはあれど、これはやらない手はありません。徹底してやるべきです。

有名ファーストフードチェーン店が「ご一緒にポテトはいかがですか?」とやるように、「ご一緒に唐揚げはいかがでしょうか?」と頑張っているコンビニにもたまに遭遇しますよね。

とはいえ、誰も買ってくれなかったり、買ってくれたりしても少しだけだったなら、モチベーションは落ちていってしまいます。(それでもやらなければならないのですが…)
なので今回はそれを簡単に、従業員にもあなたにも、そしてお客さんにも負担のないような方法を紹介します。

詳しいのはあなただけ

新規も既存も含めて、ほとんどのお客さんはあなたのお店の事や、提供しているサービスや商品についてよく知りません。

詳しいのはあなただけです。
もしかしたら従業員ですらよく分かっていないのかもしれません。

そういった情報をあなたのブラックボックスに入れてしまうのではなく、どんどん開示して発信していかなければなりません。

情報を足してみよう

具体的な例を挙げると、

(A)海鮮丼1000円

(B)海鮮丼1200円。今朝、魚市場からとれたての鮮魚と今年1番の出来の◯◯県産コシヒカリで!醤油はこだわりの◯◯、隠し味の黒酢がきいています!

あなたはどちらが食べたいでしょうか?
もしも並んでいたらどっちを選びますか?

そして、あなたは自分の商品やサービスの情報をどのように発信していますか?

もし(A)の海鮮丼が、実は(B)よりも良い素材で出来ていて安い、尚且つ美味しい、なんてことはありえます。

でも(A)より(B)の方が少し高いけど魅力的。

なぜなら情報をお客さんに与えてるからです。

あなたのビジネスにも活用できる

例えば、エステサロンなら、

  • なぜこのクリームを使うのか?
  • このコースになっている理由は?
  • 逆になぜこういう施術はしないのか?

ネイルサロンなら

  • ジェルは何を使っているのか?
  • 店員はどんな経歴があり、得意なことは何か?
  • なぜ、こういうサービスはやらないのか?

美容室でもシャンプーやカラー剤、パーマ剤など、
マツエクサロンなら、マツエクの種類、リラクゼーション系ならアロマのこと

などなどなどなど…。

あなたにとっては常識でも、お客さんにとってはチンプンカンプン。
そんな一見どうでも良さそうな情報を発信していく。
例えば紙に印刷して手渡しでも良いですし、SNSを使ったり。
とにかく、お客さんにとって良いことであれば、どんどん発信していきましょう。

買いにくいから買わないということもある

プロとして、専門家として、情報を発信していけば、あなたのお店の立場は上がります。
お客さんもあなたを選びやすくなり、買いやすくなります。

そうすることによって、一番初めに書いた
「ご一緒にポテトはいかがですか?」が効いてきます。
売り込む必要もなくなるわけです。

わざわざ、いちいち、あなたのこだわりとお客さんにとってのメリットを発信していくことで

「売り込まずに売れる、選ばれる」が実現します。

ぜひ少しずつでも良いので、お客さんにとって良い情報を提供するようにしていってみて下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!