価格とプライドと説得力のお話【サロン経営話】

価格設定の根拠は何ですか?

私たちの身の回りにある全ての価格、
値段はどういう理由で付けられているのか?

そこに疑問や興味を持たないで平気…

なんて人はたくさんいますので、
もし少しでも興味を持っていただくだけで
あなたはライバルに差をつけることができます。

スターバックスに学ぶ

みなさんはスタバを利用されますか?

私はよく使うのですが、
スタバのコーヒーにも同じことが言えます。

みんな「おいしいコーヒーが飲みたい」という理由だけでスタバに行くのでしょうか?
もちろんそういう理由もありますが、それだけではありませんよね?

ではスタバの付加価値とは何でしょうか?
一度考えてみてください。

まずは、「接客」ですよね。

スタバ関連の書籍を読んだことがある方はご存知だと思いますが、
とてもホスピタリティに力を入れていますね。

それから社風。職場環境の向上にも力を入れています。

なので、接客のレベルはその辺の喫茶店、
ファミレスやコンビニよりは当然良いです。

※もちろんファミレスやコンビニが低いというわけではなく、求められて応えているか?という意味で、です。念のため…。

そしてその接客レベルの高い店員さんが、その場でコーヒーを淹れてくれます。
これも「付加価値」です。
それから味のカスタマイズなんかもできますね。楽しいです。

店内を見渡してみましょう。
どの店舗も個性があってお洒落ですね。
とても落ち着いた雰囲気です。

そして、一人で来ている方がたくさんいます。
座席もそういう風になっている。
一人でも複数でも過ごしやすい環境が整っています。

コーヒー1杯の値段だけでみたらコンビニでも美味しいコーヒーは100円で飲めます。
そこだけ見たらスタバのコーヒーの価格というのは高いと感じます。

コーヒー以外の料金

しかしあなたが得たものは?

1杯のコーヒーだけではないのです。
様々な恩恵を得ています。
それは時としてお金を支払った以上の恩恵を。

それを考慮すれば、
スタバのコーヒー1杯に500円を払うというのは「妥当」いや、「実は安い」と感じる人もいるのではないでしょうか?

無意識に人はそれを感じています。
なので、支持され続けるわけですね。

あなたのビジネスではどうでしょうか?
「付加価値」、提供できてますでしょうか?

実は、コンサルティングをしていてよく思うのが、

経営者自身が付加価値を提供「できている」ことに気づいていない

ということです。
これ、本当に笑えないです。というか、もったいない…。

あなたの商品、サービスを振り返ってみてください。
「あ、これって付加価値だね」
ということが意外と多くあるかもしれません。

そこに気づいていただければ、
もっと胸を張って、自信と誇りをもって価格を設定することができます。

自分の中に根拠が生まれるので自然と説得力も上がります。
ぜひ今一度、ご自身が提供している
商品、サービスについて、頭の整理をしてみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!