サロンのお客さんに喜んでもらいながら数字をコントロールする方法

一番人気のメニューの秘密

とある、お昼休み。

いつも並んでいる少しオシャレな洋食屋さん。

今日は少し人が空いていそうなので入ってみました。
(私は行列に並ぶのはそんなに嫌いではありません。)

おしぼりと水。
そして可愛らしいメニューを持ってきてくれました。

そこにはランチセット

Aセット700円

Bセット950円

Cセット1300円

という3つのセットがありました。

さて、あなたならどれを選びますか?

もちろん、
「内容を見ないとわからないよ!」と思うと思いますが、
価格帯だけを見たらどうでしょう?

ちなみに僕は、Bセットを選びました。
店内を見渡しても
Bセットを選ぶお客さんが多いように感じました。

それは何故か。
ここにも人の行動心理が関わってきます。

つまり、

Aセット700円 → 一番安い

Bセット950円 → 普通

Cセット1300円 → 一番高い

という価格帯になりますよね。

ここではBセットを選ぶことが
「無難な選択」になります。

ほとんどの人はあまり冒険したくないんです。
というかリスクを冒したくない。

ランチでリスクとか
ちょっと大げさに思うかもしれません。

しかしあなたにも経験があるのでは?

「よくわからないし、これぐらいにしておくか」的な。

なぜ3種類のメニューなのか?

それともうひとつ。

これと関係するのですが
「人は3つあったら真ん中を選ぶ」という傾向があります。

さて、事業を経営されているあなたは
これを何に応用しますか?

お客さんに選んでもらいたいものを真ん中に持ってくる。
そしてその商品の上位商品と下位商品を作る。
これだけで、高い確率で誘導できます。
あとは、そこにどんな付加価値をつけていくかです。

もちろん下位商品も上位商品も売れていきます。
が特に注意して欲しいところは価格設定です。
これは3:4:6程度が良いとされています。

A → 500円
B → 5000円
C → 50000円

なんて設定は、胡散臭すぎてそもそもどれも買いませんよね(笑)
そもそもここで買い物をするということ自体がリスクに思います・・・。

なのでやはり「行動心理」というものを把握しておく。

ただし、コレだけはご注意下さい

テクニックとしてそのまま使うのではなく、
それを踏まえた上でうちはどうするのか?
という事をぜひ考えてみることをお勧めします。

それからもちろん、
下位商品であろうが上位商品であろうが、
お客さんに喜んでもらえる商品作りは必須です。
言うまでもないことですが。

「人は真ん中を選ぶんだぜ!」って感じで
お客さんのことを考えない商品やメニューっというのは世の中に意外と氾濫しています。

あなたはそうはならずに、
お客さんに喜んでもらいながら
数字をコントロールできる事業家にになっていただくことを心から願っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!