あなたは戦略と戦術の違いを説明できますか?【サロン経営の話】

経営における戦略と戦術の違い

従業員の仕事とは何でしょうか?

では、チーフの仕事は?
店長の仕事は?
オーナー、経営者の仕事は?

その答えに行く前にざっくりと解説すると、

「戦略」 = 目標を達成するための作戦
「戦術」 = その作戦の中での細かな戦い方

ということになります。

サッカーで例えるなら、

相手に勝つための作戦 = 戦略
選手の個々の仕事 = 戦術

ということは、先に述べた問いである
「従業員、チーフ、店長、オーナー、経営者の仕事は何でしょうか?」
の答えは、

「各選手の戦術とは何でしょうか?」という問いの答えと同義になるということです。

戦略(作戦)がないと意味がない

たとえば身長の高いチームに対して勝つためには、

「早いパス回しとテクニックで相手を崩して点を取る」

このような戦略を決めるのは監督です。
そして遂行するのは選手です。

たとえば攻め込まれている時にディフェンダーがボールを奪うことができても、カウンターで大きく前線に高いパス出してはいけません。

相手は身長の高いチームですからせっかくのボールが奪われてしまいます。素早いパス回しで一気に攻め上がる方が得策です。

この時に作戦(戦略)がなければ、ディフェンダーがボールを奪った時、自分のやりたいように攻めます。
ロングキックが得意な選手なら、その強みを生かしてロングボールを出す。
ドリブルが得意なら、早いパス回しはせずに自分で切り込んでいく人がいるかもしれない。

しかし、そのような状態で勝つのは非常に困難です。
各々が好き勝手やっていては、相手が戦略的に試合を進めてくれば手の平の上で弄ばれるだけです。

しかし具体的な作戦があれば、

  • 「自分は攻められた時にどこまで自陣に戻るのか」
  • 「どの選手をマークするのか」
  • 「コーナキックの場面はどうするのか」
  • 「失敗してそこからカウンターが来た時、誰がどこまで戻るのか」

など、具体的な戦術が明確になります。

あらかじめ戦略がないと動きも遅くなる

スポーツは一瞬一瞬の勝負ですから、ボールを持って考えてから動くのでは遅すぎますよね。

これはビジネスの世界にもあてはまります。
それにもかかわらず、戦略のない企業やお店が山ほど存在します。

facebookの使い方、ブログの使い方は戦術です。
チラシの書き方、成約率を高めるセールストークの仕方も戦術です。

戦術は戦略があって初めて効果を発揮します。

そもそもなぜfacebookやブログを使うのか?
みんながやっているから?
友達に勧められたから?
ヒマだから?

たとえば顧客との密着性を軸に事業をしているのなら、売上を上げるためには、新規よりも既存客を大切にして顧客満足度を高め、より多くの商品を購入してもらい、利用頻度をより多くしてもらう必要がある。

そのためにどうするのか?

その答えのひとつとして「ブログをやる」という答えが出て初めてブログのやり方を学び、実践する。

そしてそのブログは

  • 「顧客満足度を高める」
  • 「平均客単価を上げる」
  • 「平均購入頻度をあげる」

という3つの目的をもって行っていくことで効果を発揮していくということです。

新たな戦術ばかりを追い求めても無駄

新しい戦術は魅力的です。
最近でいうと「インスタグラムで集客しよう!」など。

それ、本当にあなたのビジネスに必要なんですか?と私はいつも思います。

そこにすぐ飛びついてしまっては、いつまでたっても事業は安定しません。
インスタグラムに取り組んでいる時に、また新しい戦術が出てきて、またそれに飛びついて…。

まずは戦略を立てましょう。

目標を決めて作戦を立てる。
そしてその作戦に必要なものにだけ取り組む。

やることはシンプルになり、やればやるほどスキルは向上しますから、精度も上がります。

ライバルが戦略を持たないでアッチいったりコッチいったり右往左往している間に、あなたは「粛々と、淡々と」ブレない軸の上で仕事をするだけで、ライバルがあなたに追いつくことは到底できなくなるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!