あなたのサロンのリピート率が上がらない初歩的な理由

こんにちは!サロン経営大学校 小峰です。

お客さんにリピートしてもらうという事。

それは単にお客さんに満足してもらえているんだというバロメータになるだけではありません。

もちろんその側面もありますが、このブログを見てくださっているあなたをはじめとするサロンオーナー、店舗経営者の立場からすれば、リピート率が上がるほど集客のコストは下がり、利益が出るという事です。

新規を追い続けるのは、集客コストの垂れ流しになってしまい、ネズミの押し車のように永遠に走り続けなければなりません。

 

サロンの質は合格点、でもリピートされないのはなぜ?

それほどあなたのサロンの利益に直結してくるリピートの話なのですが、そもそもなぜリピートされないのか?について一緒に考えていきたいと思います。

・もちろん商品やサービスに満足しなかった

・雰囲気が合わなかった

・接客が気に入らなかった

などなど、

そういった要素でリピートされないという根本的な問題もあります。

しかしそれは、改善する事ができます。

これからお話しするのは、そうではない部分、

つまり、サロンの質は合格点だ。でもなぜかリピートされない・・・という問題を解決するためのヒントとして、ぜひ参考にして頂ければと思います。

サロンのリピート率が低いのはコレが足りていないから

人が行動するときに必ず必要なものがあります。

それは理由です。

お客さんがあなたのサロンをリピートする理由を理解していない、あるいは認識していない、だから、価値を感じることができない。

結果、リピートに繋がらないということが非常に多く見られます。

なのでしっかりとあなたのサロンをリピートする理由を明確に伝えていきましょう。

サロンのリピート率を高めるための2つの伝え方

伝え方は大きく2つあります。

まず1つめは、

あなたのサロンをリピートすると得られるメリット

を伝えるということです。

例えば、

何度もカウンセリングしなくて良い

好みをわかってくれている

通うことで初めて効果が出るもの

などなど、お客さんの煩わしさを防いだり、得られる効果を高めたりすることができますよといった情報をお伝えします。

他にも、

3回通うと特典がつく

通うほどに安くなる

など、あからさまなメリットでも構いません。

充分、お客さんがリピートすると理由になります。

このような感じで、あなたのサロンをリピートすることによって得られるメリットをしっかりとお客さんに向けて発信していきましょう。

サロンをリピートしないとどうなるか?

もう1つは先ほどの例とは逆で、

サロンをリピートしないことによるデメリット

を伝えるという方法です。

例えば、

何度も同じ説明をしなければならない

一度では効果を最大化することができない

お店によって当たり外れがある

など、新しいお店ばかりに行く事によるデメリットや、失ってしまうもの、リピートせずに単発ではかえって損になってしまうようなことなどもあればお伝えしましょう。

ここで注意すべき点は、「脅さない」ということです。 笑

あなたはプロですから、メリット、デメリットを明快に淡々とお伝えすればそれでOKです。

売り込んだり、上手いこと言い負かそうとしたりするとそもそも接客に悪い印象を与えてしまい、もう来たくないなという理由で離脱してしまいます。

この辺は注意が必要です。

サロンのリピート率を上げるためにやるべき事

ではこれらをスムーズに、かつスマートにお客さんにお伝えする方法はどうすれば良いのか?というと例えば、

・ブログで発信する

・SNSで発信する

・POPやパンフレットに載せる

など、オンラインやアナログでの情報発信を活用します。

すると、話が上手い人、苦手な人でもサロンとしては統一の説明が出来るわけです。

さらにそれを元にカウンセリングや施術中に会話に挟んでいくと効果はさらに上がるでしょう。

ぜひ、あなたのサロンをリピートするとメリット、デメリットを整理して少しずつでもいいので情報を発信してみてください。

売り込まなくてもリピートされるには?

最後に、セールスパーソンの世界ではこんな言葉があります。

先に言えば説明、後から言うと売り込み

あなたにもこういう経験があるかもしれません。

お客さんがリピートを決めるのは大抵帰るときです。

なので、それまでには一通り説明しておいて、最後に「どうされますか?」と背中を押す程度がちょうど良い薦め方になるでしょう。

もちろん個人差はありますが。

ぜひ今一度あなたのサロンのオペレーションを振り返ってみて、しっかりとお客さんに対してリピートする理由をお伝え出来ているかどうか、再確認してみるとリピート率のかいぜんの糸口が見えてくるかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!