サロンのリピートを増やすために行うたったひとつの事

突然ですがあなたのお客さんの平均来店頻度はどのくらいでしょうか?
それはあなたの満足できる数字になっていますか?

もしなっているのなら、この記事の内容は必要ありません。
しかし、もし満足な数字が得られていないのなら、続きを読んでみてください。

来店頻度を決めるのは誰か?

以下の質問にお答え下さい。

「あなたにとって、美容室の来店日頻度はどれくらいでしょうか?
では、整体などの治療院は?歯医者は?
エステサロンは?ネイルは?マツエクは?脱毛は?」

この問いの答え、すでにあなたの中にありますよね?
「うーん、よくわからないけど大体これぐらいかなぁ」という感じです。
美容室なら月に1回ぐらい?

ということは、です。
あなた同様、お客さんも来店頻度を自分で勝手に決めているのです。

「お客さんは来店頻度を勝手に自分で決めています」
何故でしょうか?それは誰も来店頻度を教えてくれないからです。

スゴ腕美容師のトーク術

以前、すごいトークをする美容師に出会いました。

その時はカットしてもらっただけなのですが、

「人前に出るお仕事なら大体3週間でお越しいただいています。それを過ぎるとだらしない印象を与えると言われていますので。この週のどこかで来てもらうことは出来ますか?」

流れるようなトークです。しかも自身に満ちていてサラッと言う。
私はスケジュールの空いている日に予約をして帰りました。

そして3週間後、今度はパーマを当ててもらいました。
すると、

「当店のパーマは持ちがいいので評判です。より持ちを良くして髪の状態を守るためにもこの週あたりでトリートメントとカットさせて下さい。」そしてさらに「この週は忙しいので今日予約を取っていただく方が確実です。トリートメント、半額にしますよ」

素晴らしい!笑

文章で見ると「売り込んでるなー」と思われるかもしれませんが、会話のタイミングやトーン、態度がとても柔らかいので全然不快な気持ちにはなりませんでした。

このコンセプトでトークしてみて下さい

ここでお伝えしたいのは「こういうトークをしましょう」という事ではありません。
このトークのコンセプトをあなたのビジネスに取り入れてみて欲しいのです。
つまり、

「◯◯だからこの日に来てください」という事です。

ただ「来てください」というのではなく、

  • 来て欲しい理由
  • 来ないとどうなるのか?
  • 来てくれたらどんな良い事があるのか?

これを伝えた上で、ご来店の提案をしましょう。

稼ぐ治療家がやっているたった1つのこと

私の知り合いで、一人でめちゃくちゃ稼いでいる治療院の先生がいるのですが、この先生は必ず

「この症状ならだいたい月◯回の通院で◯ヶ月かかります。そうすれば改善しますがご来院いただけなければただ長引くだけです。どうしますか?」
と1回目でハッキリ言い切ります。

提案しなければ、ゼロ

あなたは専門家です。
どのような状態が一番お客さんにとって良い状態なのか知っているはずです。
変に気を使ったり、尻込みをしてしまうのは逆にお客さんにとって良くありません。

来るのか、来ないのか。
もちろん選ぶのはお客さんです。
しかし全てのお客さんにその事を伝える、提案する事は必須です。

提案しなければ、ゼロです。
しかし、提案すれば一定の確率で来てくれるはずです。

それが1日、1週間、1ヶ月、1年と積み重なっていくのです。

あなたのビジネスにどう生かせるのか?
ぜひ考えてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!