24時間タダで営業します!【サロン経営のヒント】

販売促進ツールと言えば何を思い浮かべますか?
ノベルティなどの類も合わせると、
もはや数え切れないくらいたくさんあります。

ではその中でもあなたのビジネスの
売り上げに直結する販促ツールとは何でしょうか?

たくさんある中から、
特にまだ本格的に販促に取り組めていない人向けに、
オススメのツールを紹介します。

販売促進にオススメのツールとは?

それはリーフレットです。

あなたのビジネスの内容を一目で
わかるようにするリーフレットです。

これはあまり大容量の物を作ってしまっても誰も読んでくれません。

なので、
A4用紙を三つ折りくらいで充分です。
イメージとしては「大きな名刺」です。

ただし、巷でよく見かける
「メニューと場所と連絡先だけを書いたリーフレット」にしてはいけません。

販促物には何を書く?3つのヒントとは

では、どのような事を書けばいいのかというヒントをいくつか紹介します。

(1)お店の付加価値をあげる情報

「お店のこだわり」
「 どんな人がやっているのか」など、
お客さんのためになる豆知識、
「選ばれる理由」などのお客さんから見た
サービスやお店を選ぶための選択基準を入れます。

(2)割引券

リーフレットに割引券をつける、
もしくはリーフレット自体が割引券になっているので、
例えば看板に付けてあったり、
他店に協力して置いてもらった時に
持ち帰ってもらえる可能性が上がります。

(3)権威性や信頼性を表すもの

お客様の声、メディアの取材実績、
資格、受賞歴など、あなたのお店が支持されている、
選ばれているという証拠を掲載し、
お客さんの信頼を獲得します。

売り込みではなくなる

他にもたくさんありますが、
ここで押さえておいてほしいのは、
これらをお客さんに面と向かって自分で話すと、

完全に「売り込み」になってしまうという事です。

そして当然ながら、お客さんは売り込みを嫌います。

しかし内容は同じでも、
これらをリーフレットに記載する事で、
リーフレットがあなたの代わりに営業マンとなってくれるのです。

あなた自身はお客さんに
「是非読んでくれたら嬉しいです」と言って渡すだけです。

それから効果を最大化するためのポイントをもう一つ。
それは、「何種類も作っておく」という事です。

例えば、
「新規用」
「既存客用」でもいいですし、

「メニュー別」や「お客さんの悩み別」でもいいです。

「載せたい事がたくさんあるなぁ」と思っても
細かく分ければその時々で伝える事は変わってきますので情報も絞られます。

是非、取り組んでみてください。

追伸:

何を書いたらいいのか・・・
と、思い立った時にすぐに思いつかなければ、
あなたの過去に書いたブログの記事なんかを
引っ張ってくるのも一つの手です。

そのためにも、ブログなどの情報発信は
できるだけ頑張って続けていった方がいいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!