何も失う事なくサロンの客単価を上げる方法

こんにちは!サロン経営大学校 小峰です。

 

今回は、なぜ客単価を中々上げることができないのかについてお話ししていきます。

そもそも、客単価が中々上がらない理由の最もシンプルな答えは、

あなたのサロンの価格帯がそもそも高くない

という事が一番の要因です。

当然、あなたのサロンの最も効果な商品がやサービスが2万円であれば、客単価はそれ以上に上がることはないという事はお分りいただけるはずです。

例えば同じパーソナルトレーニングでも、ライザップのように30万円のサービスがあれば客単価はそれだけ高いものになりますし、そうでなければ月額数万円のような事にもなるでしょう。

もちろん、提供するサービスの質や付加価値の問題もありますが、今回あなたに着目してほしいのはそのような理屈ではなく、現実問題としてあなたのサロンの商品やサービスの価格帯が低ければ客単価は上がらないという事です。

 

客単価を上げたいサロン経営者が犯す過ちとは

「そりゃそうだろ」という話なのですが、その上で、ではあなたのサロンではどうすれば良いのか?についてお話しさせていただきます。

まず、いきなり今までの商品やサービスのラインナップを値上げする!といった事は絶対にやってはいけません。

根性論や精神論で、「値上げできないのは覚悟が足りないからだ」と煽る非現実的な無責任コンサルタントがいるのでぜひ注意してくださいね。 笑

私たちは地域に根ざしたローカルビジネスであり、市場の影響をもろに受けますのでギャンブルのような施策は避けましょう。

 

サロンの単価アップは商品から?サービスから?

まずは、これが売れたら嬉しいなというような商品やサービスを導入します。

その際、出来ればサービスの方が良いです。なぜなら売れなくても痛くないからです。

商品だとある程度のロットを入れないといけなかったり、在庫を抱えたりと付帯業務やリスクが増えますので。

<そのサービスの作り方のヒントは動画でも解説しています>

 

あなたのサロンの客単価をアップさせるヒット商品を創ろう

あなたが何も失う事なく確実にできるサロンの客単価アップの方法は「ひたすら創って提案してみる」という事です。

この「創って」というところが肝心です。日頃のあなたのサロンワークで気づいたお客さんの悩みや不満、要望をサービスに形作っていく。

もし売れたら、「なぜ、買ってくれたのか?」売れなければ「なぜ申し込みに至らなかったのか?」お客さんにアンケートを取ってみましょう。

このように提案と改善を繰り返していくうちにあなたのサロンの客単価を上げるヒット商品を生み出す事ができるはずです。

今回はとても概念的なお話でしたが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!