サロンの値上げのためのシンプルな2つのこと

経営者は24時間、
ビジネスのことで頭がいっぱいです。
本当に大変ですよね。

その反面、経営者にしか味わえない達成感や楽しみもあります。
本日も頑張っていきましょう。

たった一切れのロールケーキ

毎日頭を使っていると何だか甘いものが食べたくなりませんか?
私は甘いものが大好きです。
どういう因果関係があるのか詳しくは知りませんが。

コンビニに行くとついついスイーツコーナーを見てしまう。
あなたにも、そんな経験ありませんか?
そこで思ったことがあるのでシェアしたいと思います。

私はそこで、
「プレミアムロールケーキ」というのを買いました。

値段は確か150円くらい。
小さいたった一切れのロールケーキで。
見た目も美味しそうだしということでレジへ。
味は、美味しかったです。

しかしここで立ち止まって考えてみてください。

「どこがプレミアムなの?」
「どこが普通より違っているのか?」
「なぜあんな小さいロールケーキ一切れで150円なのか?」

商品名の大切さ

ここでお伝えしたいのは、

「商品名の大切さ」です。

これ、「ロールケーキ」とか
「クリームロール」とかでは150円で果たして売れるでしょうか?

答えは市場に出してみないとわかりませんが、
おそらくイマイチではないでしょうか。

しかし名前に「プレミアム」を付けただけで特別感が出ますよね。
そう、「商品名」をいじっただけで。

他にもあなたの周りに
「プレミアム」が付いているものたくさんありますよね?
その商品に対して、
「これは普通と違い、こういうところがプレミアムだから買ったんだ」と言える商品はありますか?

ただ単に名前を良さそうにする。
これも一つの手です。
さらにもう一つの手があります。

それは「詳細な情報を伝える」ということです。

例えば身近な話でいうと

「牛丼」

よりも

「国産黒毛和牛だけを使用した牛丼」

の方が良いように思えます。

前者の「牛丼」も、
もしかしたら国産黒毛和牛だけを使用しているかもしれないのに・・・。

お客さんは情報を欲している

そんなことまで言わなきゃならないの?
と、あなたは思うかもしれません。

しかしあなたの本当の優良顧客はみんな「情報を欲して」います。
それも、

「より多く、たくさんの情報を」

イケてる会社とイケてない会社の違いは
こういうところにも如実に現れてきます。

世の中はモノやサービスで埋め尽くされています。
どんどん情報を出してあげてください。
そしてそれを届けましょう。

まとめると、

・商品名をよりよくする。
・商品についての情報をもっと出す。

これがあなたのビジネスの「演出」になります。
これだけで差別化ができます。
ぜひ、取り組んでみることをお勧めします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!