ビジネスモデルを持たない悲惨なサロン経営者

あなたのビジネスはどのようなビジネスモデルになっていますか?

ビジネスモデルというと、少し難しい話が始まったと思われるかもしれませんが決してそんなことはありません。

つまり、あなたのビジネスが
どのような形で利益を上げ成長していくのか?ということです。

これがどんな形でシステムとして機能しているのか?
ということをここで今一度あなたと一緒に考えていきたいと思います。

 

ビジネスモデルを持たない悲惨さ

hs01

さて今現在あなたは、先に述べた
「あなたが利益を上げて成長していくシステム」というものを持っていますか?

もしも持っていないとするなら、
遅かれ早かれ必ず問題が起こります。
その問題とは大きく2つあると考えています。

 

1、ビジネスが行き詰まる

gs02

日々同じ客数、客単価、売上、利益で
ビジネスをしていれば当然お金の入りも変化はありません。

安定という意味ではこれを良しとする意見もあるかもしれません。

しかし例えば…

  • 固定費や原材料費の高騰
  • 従業員の昇給
  • 予期せぬ支払い

など、

支出が増えることで、
収入の部分が圧迫されてしまってまずは「お金」の面での行き詰まりが発生します。

さらにもしあなたが従業員を抱えている場合。
経験値や能力に沿って「昇給」が必要になってきます。

もちろん「昇給は一切なし」という方法を
とることも可能ですがそれによって弊害が出るのも事実。

さらに言えば、
私の感覚ではほとんどの経営者が従業員に対して
「貢献にしっかりと見合った給料を支払いたい」と
考えておられます。(※もちろん例外もありますが)

これらの支払経費。
その原資は言わずもがな「利益」からです。

もちろんあなたの収入もです。

せっかくリスクをとって独立し、
起業したわけですから
誰もがみんな幸せな人生を送りたいと考えているはずです。

そしてそのためにも利益を上げ、
成長し続けていくということは必須になります。

 

2、マンネリになり、軸がブレていってしまう

gl03

日々の業務はとても大切です。

しかしその業務が退屈なルーティンになってしまったら…
飽きてしまうということが起こってしまいます。

これは仕方がないのですが、
利益を上げ成長していくというビジネスモデルを持っていない場合、
こういった「マンネリ状態」に陥ってしまうのです。

このマンネリ状態は厄介です。

例えば、

  • 熱意がなくなり覇気を失う
  • お客さんからの信頼を失う

といった症状を引き起こし、
さらにはこのマンネリ状態を
なんとか打開するために「新しい何か」を探し求め始めます。

そしてこの「新しい何か」に
時間と労力を割くあまり
「何がしたいのかわからない」ビジネスになってしまうというわけです。

そんな「何がしたいのかわからないビジネス」は当然、
競合他社よりも競争性が弱くなってしまい
見込客からも選ばれにくくなってしまいます。

ビジネスの軸がブレてしまうだけでなく、
新規客や既存客からも見放されてしまうという
恐ろしい状態になってしまうのです。

 

利益と成長はあなたの周りも幸せにする

tg04

「利益を上げ、成長し続ける」

こう聞くと、自分が儲けたいからだと考えていたかもしれません。

しかし、ここまで読んでいただければ
「利益を上げて成長し続ける」ことは
あなたのためだけでなく、
取引先や従業員、そして何よりも
お客さんのためでもあるというのが
お分かりいただけたのではないでしょうか?

もしもどこかあなたの心に変なブレーキがかかってしまっていたのなら、
今回お伝えさせていただいたことを
是非あなたの腹に落としていただいて

ガンガン利益を上げていくことを考えてみてください。

補足>心にかかってしまう不必要なブレーキのことをメンタルブロックとも言います。

 

あなたにあったビジネスモデルとは?

dc05

では実際にあなたにあったビジネスモデルを構築するにはどうすれば良いのでしょうか?

それについては次の記事にて詳しく解説していきます。
まずはあなたに合ったビジネスモデルとは何なのか?
ここから整理して定義していきましょう。

そして腰を据えて実際に取り組んでいく。
これが遠回りなようで近道になりますので、
ぜひ次のページをご覧ください。

 

>>>次のページは
まず始めに押さえておくべき2種類のビジネスモデル

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!