サロンの商品の数は多い方が良いのか?についての話

ジャムの法則

今回は商品のグレードについて
お話させていただきます。

あなたは商品のグレードについて
どういった価値観を持たれていますでしょうか?

グレードというのは、
先日お話しさせていただいたランチのバリエーションのような感じです。
なので商品の「数」ではありません。

「ジャムの法則」というのがあります。

コロンビア大学の
シーナ・アイエンガー教授による実験で示された法則です。

6種類のジャムを並べたテーブルと
24種類のジャムを並べたテーブル。

どちらのテーブルもジャムを試食した人数は
それほど変わりませんでした。

しかし、最終的にジャムを購入した人の割合は、

  • 6種類のテーブルは30%
  • 24種類のテーブルは3%

と、非常に大きな差が開いてしまった、という実験です。

ここから導き出されるのは、

人は選択肢が多すぎると多大なストレスを感じる。

ということです。

つまり人間は(残念ながら)脳を使うことを本当に嫌がるのです。

「これちょっと考えといて」がすごいめんどくさいんですよね。

無神経な売り手

私たち経営者が、
成約率(コンバージョン、CV)を上げるために
最大限努力しなければならないのは、
購入時における顧客のストレスを無くすことです。

ほとんどゼロにしなければなりません。

なのに例えば購入ボタンを押してから
(もう買うって決めてるのに!)
別の画面に飛んで、会員登録しろだのなんだのって…

「もうええわ!」ってなった経験、一度はありませんでしょうか?

商品数が多くてもストレスを減らせる方法

話を戻します。

なのでいろんなグレードがあるのは
逆にお客を混乱させるだけになります。

それから選択肢も広げすぎない。
とにかく、お客さんのストレスを減らす
ということに命をかけてください。

私の知り合いの洋菓子屋さんが
クレープ屋さんを出しました。

そのクレープ屋さんが最初にぶち当たった壁はそこでした。

なんと50種類以上のクレープがあったのです。

しかし!
それは強みですよね。

お客さんもたくさんあったほうが楽しいし話題性もある。
では、私はどのようにアドバイスさせていただいたか?

私は、

「店長のオススメ」と「売れてるランキング」を

作ることをアドバイスさせて頂きました。

お客さんが悩んでいる時、選ぶ手助けをしてあげる。

それだけでお客さんのストレスを軽減し、
さらに注文に偏りを無くすことができます。

お店としてはやはり利益率のいい商品が
より多く出て行って欲しいですもんね。

売りたい商品を売ることが出来る

このように考えると、どこまでいっても大切なのは

「お客さんの立場になって考えよう」

ということです。

これしかないです。

ぜひあなたも「考えて」みてください。

それだけで、確実にあなたは普通の経営者より
高いステージに立つことができます。

なぜならほとんどの人は「考えたくない」生き物なのですから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!