あなたの人生をより良いものにする1つのポイント【サロン経営の話】

経営者のための心理学

今回のお話はとても効果的です。

何故なら人の行動心理というものはほとんど同じです。

それは太古からあんまり変わっていないのですが、
また話が逸れまくってしまいますので
また機会があればお話させていただこうと思います。

熱心に自分の事業の業績アップを考えていらっしゃる方であれば、
「心理学の大切さ」を日々感じていらっしゃると思います。

心理学って、面白いですよね。
一時私もドハマりしていた時期があります(笑)

しかし実際には表面的なテクニックにしか過ぎないので、
使えるようになるには現場で磨いていくしかありません。

そしてあまり頼り過ぎないということも大事ですね。
「知る」「使う」というよりかは「把握しておく」程度に。

16日間をムダにした話

しかし、「知っている」のと「知らない」のとでは
本当に人生が変わります。

私の友人の話なのですが、
通勤時に自宅からもっとも便利なバス停の存在を知らず、
かなり遠回りで半年ぐらい通い続けていた。
なんて話もあります。

通勤時間、20分くらいは損してたと。
往復で40分。
半年間で89時間も損していたことになります。

恐ろしいです。知らないだけで89時間。

これは、16日分の活動時間に相当します。

逆に知っているというだけで
89時間を手に入れることができたわけです。

あなたならこの89時間、何に使いますか?

つまり私がお伝えしたいのは、

知らないことを知るだけで
ライバルにかなり差をつけることができる。

ということです。

使うも使わないも、
買うも買わないも。

まず知らないと選択できないわけですよね。

さっきの話でいうと、
まぁ笑い話になるのかもしれませんが、
ビジネスの世界では致命的なこともあるのです。

(時間を失うのは、お金を失うよりも最悪のことです。
私たちは日々、命日に近づいて行っているわけですから。)

なので、まずは知らないことを知る。

ということを意識して日々を過ごしていってみてください。

知っておいて損はない

この記事を読んでくださっているあなたは、
もうすでにその行動に出ているとは思うのですが、
初心に還っていただいてもう一度です。

あなたの周囲を見てみて下さい。

「知る」ということをおろそかにしている人はいませんか?
その人はどんな人生を送られていますか?

私の周りのビジネスエキスパートたちは、
常に情報収集に命をかけています。
そしてガンガン稼いでいます。

何でもかんでも知ろうとする必要はありません。
自分のビジネスに関わりのあることだけで十分です。

ただし、くれぐれも知識を増やすことが目的にならないように注意が必要です。

目的は「自分の事業の業績を上げる」ことなので。

今日も1日頑張っていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!