極論テロリズムに要注意

「価格帯は高めの方がいいのでしょうか?それとも低めの方がいいのでしょうか?」
「集客やるなら今はやっぱりオンラインですかね?それともまだまだオフラインなのでしょうか?」
「これ、うちの規模でいうと少し客数が少ないでしょうか?多い方がいいですかね?」
「従業員の数なんですけど・・・」
「店舗数は・・・」
「給与は・・・」

このようなご質問を受けることがあります。

これらは全て「どちらの方が良いのか?」という質問です。

 

正解など存在しない

ter01

この世には真実があり、そして正解がある。
そのようにお考えなのだと思います。

しかし、残念ながら
この世に真実はなく、そして正解もありません。

もしそんなものが存在すれば、
誰も何も悩まないはずです。

GoogleやAppleという地球を代表する企業でさえ、
売上が上がったり下がったり、
人事を替えたり新たな製品やサービスを試行錯誤しながら作っています。

それは他ならぬ「答え」がないからです。

そもそも全てに通用する「万能な答え」など存在しません。
そしてこれこそが答えなのかも知れません。

 

あなたに合っているかどうか

ter02

「万能な答えなんてないかも知れない。けど、じゃあどうすれば良いの?」

そんな声が聞こえてきそうです。
そんな疑問に対し、私なりの考えをお話ししたいと思います。

何か考えたり、意見を持ったり、行動したり。
私は、それらの基準や指針は「正解かどうか」ではなく、

 

  • 自分の価値観に合っているか?
  • 自分の正義かどうか?

 

ということを軸に考え行動する方が
よっぽど自分らしく、そして後悔のない人生を
歩めるのでないのかなと考えています。

生まれや育ち、環境や出会ってきた人々、
書物や音楽やドラマや映画などなど。
地球上には様々な価値観や考えを刺激するもので溢れ、
私たちは常に影響を受けています。

それら膨大な価値観や正義にいちいち振り回されていたら、
あっという間に人生は過ぎ去ってしまいます。
なので、陳腐な表現かもしれませんが
「自分を持つ」ということが一番大切なのではないのかなと思います。

 

大数の法則であなたを形づくる

ter03

とは言え、「自分を持つ」といっても簡単にはいきませんよね。笑
「私、今日から自分を持ちました!」みたいには中々…(^^;)

あなたにそのような自分の基準や軸が確たるものとしてあるのなら、ぜひそれを大切にしてください。しかしもしそのような「自分の確たる価値観や正義」をお持ちでなければ、これからそういう目線で様々なモノやコトに触れてみることをお勧めします。

例えば誰かの伝記を読んで生き方の哲学を知り「こういう考え方もあるのか」「これは私には合わないな」など刺激を得たりしながら自分の価値観や正義を確立していく。

そうすることを重ねていくことによって「自分なりの基準や価値観、正義」というものが形作られていきます。そしてこの作業は私にとってとても楽しいことです。知れば知るほど自分の選択肢が増え、大げさかもしれませんが人生の幅が広がります。

しかもそれは増えていくだけではありません。
なぜなら「大数の法則」のようなものがはたらくからです。

大数の法則とは、コイン投げを数多く繰り返すことによって表の出る回数が1/2に近くなど、数多くの試行を重ねることにより事象の出現回数が理論上の値に近づく定理のことをいう。 (C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc.

つまり、様々な知見を手に入れ、色々な選択肢を検討していくうちに「自分の基準や価値観や正義」の傾向がだんだん現れてきて収束の方向に向かうのです。
「これはアリ」「いや、これは無いな」という判断のスピードも早くなってきます。

 

極論どうしの終わりなき争い

ter04

少し周りを見渡してみてください。
そして一緒に考えてみてください。

世の中の争いごと。
これらはほとんどが「極論 VS 極論」の構図になっています。

原発推進 VS 原発廃止
資本主義 VS 共産主義
財政出動 VS 財政緊縮
キリスト教 VS イスラム教
シーア派 VS スンニ派
右翼 VS 左翼
ナショナリズム VS グローバリズム
戦争をする VS 戦争をしない

などなどなど・・・。

それぞれが自分の基準や価値観や正義を持っているところまでは良いのですが、それを反対する側に押し付けようとしているわけです。当然、話し合いでは解決しない。すると武力や暴力の行使に出る。つまりテロリズムです。

テロリズムとは、
反対者(特に政府の要人)を暗殺するとか、国民を強権でおどすとか、暴力や恐怖によって政治上の主張を押し通そうとする態度。

ー wikipedia

これらは身の回りの小さなことにも存在します。

例えば、ベジタリアンなんかもそうですね。
オーガニック主義や頑なにスマホを使わない人もそうです。

それから夫婦や恋人の間でよく聞くあの有名なセリフ・・・

「仕事と私(家族)、どっちが大切なの!」

この極論の押し付け合いが話し合いを不能にし、武力や暴力の行使に向かわせます。笑

あなたにこんな経験がないことを願います。

 

私が衝撃を受けた師匠からの言葉とは?

ter05

私も特に20代前半なんかはこの「極論テロリスト」でした・・・。

「これが理解できないなんて、何てアホなのか」と心底思っていましたし、「それは間違いだ、正しくはコレだ」と説いていました。まさしく若気の至り、愚の骨頂です。笑

しかし私のビジネスの師匠の「ある言葉」に私は衝撃を受け、自分の腹に落とすことができ、それから色々な物事を見たり捉えたりする時の考え方が変わりました。

その言葉とは、

「納得と理解は違う」

という言葉です。

つまり、納得しているかどうかと理解できるかどうかは全く別の意味で、特に言われた言葉は、

「納得できなくても、理解はしよう」

という言葉です。

この言葉を聞いた時、自分の視野の狭さに恥ずかしくなりました。そして同時にこの考え方を持っていないことで今までどれだけの可能性の幅を縮めていたのか、と愕然としたのを覚えています。

例えば同じ宗教でも、その教義や宗教の解釈の違いで争いが起こる。その際、対立する側の言い分を理解できるかどうかと納得できるかを分けて考えないといけないということです。

このブログは経営者のためのブログですので政治的発言は控えますが、例えば私はナショナリズムの考えもグローバリズムの考えも理解はできます。その上で納得できる方に賛同したり、自分の価値観として取り入れたりしています。なぜなら、どちらの言い分にも学ぶべきところがあるからです。

「仕事と家族、どっちが大事なの?」であれば、

「仕事の方が大切だと考える理由は〇〇だと理解できる。一方で家族の方が大切だと考える理由は〇〇だと理解できる。私はこの〇〇という部分に納得できるのでこれを自分の基準と価値観に取り入れたい。」

という柔軟な考え方ができるのです。私は自分のことを万能な人間ではなく天才でもなく凡人だと常々考えているので、この考え方をもって日々勉強しています。

 

極論を対立させるのではなくバランスが大事

ter06

極論はその他の可能性をたちまち遮断してしまいます。
まさしくテロリズム。破壊行為です。

であれば、どのようにこれらの問題と向き合えばいいのか?

私は「バランス」が大事だと考えています。

様々ある考え方、基準、価値観、正義。
これらの良いとこ取りをして、自分の基準を作っていく。

これだけでそもそも「どちらが正義でどちらが悪か?」という議論に向かう事は無くなります。

野菜も食べれば良いし、肉も魚も食べれば良いし、運動してもダラダラしても良いし、たまにはジャンクなものを食べても良い。

それがあなた自身の基準や価値観、正義であるのなら、誰もあなたを責める権利などありません。

 

宇佐美選手の人生観とサッカー観

ter07

あなたに私の好きな言葉を贈ります。
サッカー日本代表でもある宇佐美貴史選手の言葉です。

サッカーに人生に賭けるのか、人生の中にサッカーを持っていくのか。サッカー中心の人生だと悔しいことやムカつくことがあると耐えられないんですよ。なんやねんってなる。でも、それだと成長できない。今は人生の中にサッカーを置いている。その方が幅が広がるし、努力を積み重ねて頑張れるんですよ。それが成長しやすいスタンスなんです。

ー宇佐美貴史(サッカー選手)

私はこの言葉にとても共感します。私もビジネスのことを、仕事のことをこのように考えているからです。

もしあなたもこの言葉にピンときたら、この「サッカー」という部分を、何か違うあなたにとって重要な意味のある言葉に置き換えて読み直してみてください。何か気づきが得られるかもしれません。

こういった様々な人の価値観や哲学に触れていくことで新しい何か、冒頭でお伝えした「自分を持つ」ということにつながっていくのだと思います。

私がお客さんを断りまくったり、仕事を選びまくっているのも、自分の基準や価値観、正義を大切にしているからです。

相手のことを言いくるめたり封じ込めたり否定したりではなく、ただ単に自分の基準や価値観や正義に正直なだけです。なので別にそれで文句を言われたり、嫌われたりしても何も感じません。むしろ、価値観の合わない者同士だということが判明しただけでもお互いにとって良かったなとさえ思います。

 

あ、危なかった!思い出してください!

ter008

さて、もしかしたらあなたも私も忘れてしまっていたかもしれません…。

これがビジネスブログだということを!笑

なので、ビジネスの話に絡めて最後を締めることにしたいと思います。

 

ビジネスで稼ぎたいなら市場は無視できない

ter09

ビジネスはすべからく取引。相手があってのものです。
相手が欲しい価値をこちらが提供して代金をいただく。
たったこれだけの話です。

なので、先ほどまでの話はビジネスにおいては少し留意するべきところがあります。

こちらが価値を提供する先である「お客さん」がいてこそなので、当然求めている人がいないと成立しません。そして、それは求められているものでなければいけない。

あなたの基準や価値観や正義がどうあれ、市場がなければビジネスは成立しないということです。単にあなたの人生の基準や価値観や正義があるだけでは成立しないということです。少なくともビジネスは利益を出さなければいけません。

なので、ことビジネスにおいては、あなたが価値を提供するべき「市場」があってこそあなたの築いてきた基準や価値観や正義が活きてくるということです。

これを度外視してしまうと単純にお金にはなりません。それだけは押さえておいてください。

自分の基準や価値観の上で、断崖絶壁で究極のネイルサロンを営業するのはもちろん自由ですが、それがお金にならなくて不満に思うのならそこはやはり「市場と自分の関係性」を見つめ直す必要が出てくるということはあなたも理解していただけると思います。

あなたの周りにこんな人はいませんか?

ter10

いかがだったでしょうか?

これも私の価値観のひとつです。
なので「答えや指針」ではありません。
その上であなたに判断していただき、もししっくりくるところがあれば採用して頂ければ嬉しく思います。

思い出してみてください。

もしあなたの周りに極論ばかりを振りかざし、言いくるめたり封じ込めたり否定したりしている人がいるのなら・・・

その人は「極論テロリスト」です。笑
ぜひ、気をつけてください。笑

またそのような場面に出くわした時、
「うわぁ…出た、極論テロリズム・・・」
と心の中で密かにつぶやいてください。笑

まずはこの方法から始めてみよう!

ter11

いきなり「自分の基準や価値観や持つ」といっても難しいかもしれません。

そんな時はぜひこれから始めてみてください。

少し逆転の発想になりますが、これも方法の一つです。
私もこの方法から始めました。↓

人生をゴミ箱に捨てた話【サロン経営のマインドセット】

2016.07.20

ぜひ参考にして頂ければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!