サロンの集客において最も強力な武器にもなるものとは?

明暗を分けるもの

さて、あなたはビジネスにおいて最も強力な武器を持っていますか?

たいてい持っているはずなのですが…
持っていなければ今すぐに用意しましょう。

それは、「顧客リスト」です。

お客さんの名前、住所、電話番号やメールアドレスなどはもちろんのこと、
最近何を買ったのか?いくら使ってくれたのか?などの購買履歴や傾向もより重要です。

この顧客リストを活用することで、

  • 最近来ていないお客さんには来店最速の案内
  • まだ利用したことのない商品があるお客さんにはその案内

などお客さんごとにアプローチすることが出来るからです。

コストを垂れ流し続けていませんか?

新規顧客の獲得には最も労力とコストがかかるので、ここでしっかりとデータを取っておき先に繋げなければ意味がありません。

ましてや店舗の新規集客はたいていの場合、通常価格よりも安い金額で利用してもらおうとする施策が多いので、
新規だけを追い求めていてはいつまで経っても儲かりません。断言できます。

顧客リストがない時に使える方法

では、新たにビジネスを始めたばかりや間もない方、
そして残念ながら顧客リストを今まで持っていなかったという方に
今からでも間に合うちょっとしたテクニックをお伝えしたいと思います。

それは、顧客リストを借りるという方法です。

とはいえ、個人情報を貸してくれるところなんてこのご時世なかなかありません。
そういった業者もありますが、もっと簡単に素早くやるにはどうすればよいのか?

一応お伝えしておきますが、リストレンタルの業者はもちろん法律の範囲内ですよ。

リスト無しで一気に集客した方法

具体例をあげましょう。

あなたは新たにネイルサロンを新しくオープンしました。

なので新規客をこれから集客していかないといけない。

そんな時、近所の美容室に

「私のお店のオープンのお知らせをあなたのお客さんに送っていただけませんか?もちろん費用はこちらで負担させていただきます。来てくれたお客さんにはあなたのお店の販促もお手伝いさせて頂きますので」
と持ちかける。

内容は

「こんにちは美容室Aです!今回ご近所にネイルサロンさんがオープンしました。とっても可愛くて綺麗なお店で、ネイリストさんもとてもいい方ばかりです。いち早くあなたにお知らせしたくてお手紙しました。是非一度行ってみてはいかがでしょうか?」

といった簡単な店主の紹介文と同封する。といった具合です。

協業するときの2つのポイント

ここで重要なのは大きく2つあります。

ひとつめは

「見込み客になるであろうリストを持っているか」

ということです。
全然関係のない客層のリストを貸してもらったとしても意味がありません。

それから2つめは、

「相手にもメリットがある」

ということです。

これはだいたいどんな交渉の場でも重要なことです。
とはいえ今回は出店したばかりですので大きなメリットは与えられないかもしれません。そこは正直に「こういう事しかできませんが、是非お願いします」と頼めば大丈夫です。

そうしてきてくれたお客さんをどんどんリスト化していく。

例えばハガキなら一通52円、100人に送っても5200円ですから安いものです。
しかもピンポイントに見込み客に送る事ができるのですから、闇雲に宣伝集客するよりは高い反応率も期待できます。

ぜひ、リストを最大限活用してあなたのビジネスの発展に役立てて頂ければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!