江戸の商人に学ぶ本当に価値のある資産とは?【サロンの集客】

マーケティング業界において、とても有名な話があります。

それは江戸時代の商人の「大福帳」のお話です。

「大福帳」というのは今でいう「顧客リスト」の事です。

江戸時代は火事がとても多かった。
なので火事が起こって避難する時に、江戸の商人はその大福帳を井戸に投げ入れてから逃げました。

その大福帳はこんにゃくでできた特殊な紙でできていているので、濡れても大丈夫なようにできています。

これを読んだあなたはもうすでにピンと来ているかもしれませんね。

つまり商人にとっては、商品よりも大事なものがあった。
それが大福帳、つまり顧客リストなのです。

火事になり商品や建物が灰になっても、顧客リストさえあればまた商売が始められる。
しかもすぐに。
それぐらい顧客リストは重要なのです。

その他大勢の経営者になっていないか?

しかし、私は顧客リストを最大限活用している経営者を残念ながらほとんど見た事がありません。

まず顧客リストの価値を理解せずに、顧客データを取る事すらしていない。
あなたの業界はどうでしょうか?

例えばカルテを取る名目で美容業などでは割と簡単にお客さんの情報を取る事ができます。
なのに!なのに!「カルテは取るもんだから」とまるでルーティン作業のひとつとしか捉えていないわけです。

これは非常にもったいない事です。

また後で詳しく解説しますが、新規客より既存客の方が売りやすい。
売りやすいだけでなく、売るためのコストがそれほどかからない。

ではどのように活用するのか?

だから一度買ってもらったお客さんにもう一度買ってもらうのが一番簡単なのです。
そこで活用したいのが顧客リストです。

美容室の例でいうと、

  • カットばかりのお客様にカラーをすすめるDMを送る。
  • 毎回パーマをしてくれるお客様にはトリートメントをすすめるDMを送る。
  • 3ヶ月以上来店のないお客様には伺いの手紙を送る。

などなど。

ピンポイントに、お客さんのデータを見ながらメッセージを送る事ができます。

もっとも辛く苦しい新規集客が好きな人々…

毎回毎回、新規集客は不特定多数の見込み客に選んでもらうために大々的にやらなければならない。

少しでも反応してもらうために割と広いメッセージを送ってしまう。
それがどの店も似たり寄ったりになってしまう。
そして費用もかかる。
成果は保証されない。
少しでも選んでもらうために価格を下げたりなんかして利益を圧迫する。

そうやって新規ばかり、新規客だけを求めますか?
それとも顧客リストを活用し、買ってもらいやすいお客さんにさらに買ってもらいますか?

是非あなたのリスト活用を見直してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!