あなたのビジネスの価値を高める方法【サロン編】

価値を高めながら値上げをする方法とは?

さて前回は「税抜表示と税込表示」どちらがいいの?
というお話をさせていただきました。

→ 

あなたのサロンは税抜表示?税込表示?

2016.06.15

今回はあなたの会社、
ないしはお店の価値を上げながら
値上げをする方法についてお伝えさせていただきます。

これを戦略的にやっている会社やお店は
ほとんどありませんのでぜひ取り入れてみてください。

その方法とは、「上位商品を作る」ということです。

上位商品とは、その名の通り
あなたのビジネスでより価値があり、
より値段の高い商品もしくはサービスのことです。

何だかスゴイ…そのお店の真実とは?

たとえば町のケーキ屋さんなら1万円のケーキを、

ネイルサロンなら3万円のアートを、

エステサロンなら60万円のコースを、

開発してお客さんの見えるところに置いておく。

食品なら写真でもなんでもいいです。
ただそれだけです。

するとお客さんは勝手に
「なんかすごい」と思ってくれます。

買う買わないは別にして。
興味がわく人も出てきます。

たとえば初めて入ったお蕎麦やさんで
メニューに5千円のそばセットがあったら
「なんかその辺の店とは違うのかな?」となります。

「おいおい!そんな高いの売れないよ!」
と思われたかもしれません。

上位の商品を置く隠された理由

大丈夫です。
売れてもいいし、売れなくていいです。

これは売りたい商品の価格帯を少し上げる、
もしくは下げずによく見せるためのものですから。

ただし一つ注意があります。

それは嘘はいけないということです。
ない商品やサービスを売らないでください。
超当たり前ですが(笑)

なぜならこの上位商品、
実は置いておくとちょいちょい売れます。

売れたら粗利も高いですし、いいですよね。

1個でも売れたらボーナスみたいなもんです。
その程度の思考で大丈夫です。

そもそも商品が売れるのはなぜ?

なぜそんな上位商品がちょいちょい売れるのか。

それは顧客に
「買うチャンス」を与えているからです。

この話はまた後日にしますが、
イケてない会社や店舗は総じて
「顧客に買うチャンスを与えなさすぎ」なことが本当に多いです。

「買うチャンス」を与えてあげれば
お客さんは勝手に検討してくれます。

そして良いものであればそのうちの何人かは買ってくれます。

ぜひ、もっと提案していってください。
あなたの価値ある商品を受けられるチャンスを与えてあげて下さい。

誰のための値上げなのか?

まとめますと、

上位商品をつくり、自社の価値を高める。

それにより本来売っていきたい
商品ラインナップの価値を高めていく。

これによって、価格帯の引き上げもしくは
価格帯の現状維持ができる。

そしてたまにボーナスとして
利益率の高い上位商品が売れる。

ということになります。

周りの競合を見てもあまり意味はありません。

競合他社の価格を見て価格つけていたら
そもそも自分でやる意味ないですし、
それが価格競争に巻き込まれていく一番の原因になります。

あなたはイケてる店から買いたいですよね?
イケてる店で買ったほうがあなたの満足度も高いはず。

なので、あなたのお店の価値を高めることは
お客さんのためでもあるのです。
誰も損しません。

ぜひ、お客さんのためにも上位商品を開発してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!