サロンの広告を作る前に3つの原則を理解しよう

こんにちは!サロン経営大学校 小峰です。

 

 

 

「広告を打ったのに反応が全くない」
「全く集客に繋がらない」
「広告費がかさんで経営を圧迫している」

などなど

こういったことに悩まされたことはありませんか?

今回は反応が出る広告を作るために、
ぜひ押さえておいてほしい
サロンの広告を打つ前に押さえておきたい3つの原則について解説していきます。

 
ぜひあなたも、広告を受け取る側の立場になってみて一緒に考えてみてください。
 
 

あなたのサロンの見込客は広告に対してこう思っている

これからお話しする3つの原則は、主として消費者の立場に立った場合の3つの原則になります。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

 

1、お客は広告を見ない

さて、思い出していただきたいのは、あなたは一度でも

「広告を見たいなぁ」

と思ったことはありますでしょうか?

きっとないはずです。

好きなタレントが出ているという理由で見たいと思った事はあるかもしれませんが、それはタレントを見たいだけであって、広告を見たいとはなっていないはずです。

つまり人は、広告を見たいと思っていません。

あなたの広告は見られなくて当たり前なのです。

 

2、お客は広告を信じない

そして、お客さんが広告を見たとして、次に待ち構える関門は、

お客は広告を信じないということです。

「本当にそうなるの?」

「安いのは何か理由があるんでしょ」

「どうせステマでしょ」

など、自身の防衛反応や、過去に買い物で失敗した経験からお客は広告を簡単には信じません。

信じないという事は、当然申し込みには繋がらないということになります。

 

3、お客は行動しない

広告を見ました→信用しました→さて、

いざとなった時、

電話が鳴ったり、LINEが来たり

人が来たり、話しかけられたりして、

そのまま流れてしまうというパターン。

これも本当に良くあるパターンではないでしょうか?
あなたもきっとこんな経験あるはずです。

人は基本的には忙しい。やる事があります。

もちろん暇な人もいますが、

基本的にはやる事がある、例えば、

「テレビを見る」「寝る」などといったことでもそうです。

そしてその優先順位が高いものから人は行動するので、

広告に反応する、

申し込む、

購入する、

予約する

などの行動はほとんどの場合、後回しにされてしまうでしょう。

このような意味で、お客は行動しないという事です。

 

3つの関門をクリアしてサロンに集客するには?

これらを踏まえて、

では私たちはどのようにすれば良いのか?というと、

答えはシンプルで、これら3つの関門をくぐり抜けるような広告をつくりましょうという事です。

先に述べた事例の反対を行くように広告を作るという事です。

それでは引き続き簡単にその方法について解説していきます。

 

サロンの広告の反応率を上げる3つの対策

1、見てもらえるようにする

まずは、見てもらえるようにするということです。

当たり前じゃないか!と思われるかもしれませんが、実はこれを本当に意識して作られている広告は少ないのです。

見てもらうためには、とにもかくにも見出しが重要です。

専門用語ではヘッドラインと言いますね。

例えば、

「注目!」「警告!」「発表!」「暴露します!」

など、ニュース性を出したり、

単純に色やデザインでインパクトを持たせるという方法です。

さらに、

「あなたにこんなメリットがありますよ」

など、広告を見るメリットを提示するというのも必須です。

なので、単にメニューを乗せただけ、店舗名や地図などを載せただけではお客さんにとっては見る価値もなく、メリットもないので、ゴミ箱行きになってしまうという事になります。

色やデザインでインパクトを持たせつつ、注目すべき情報やメリットを見出しに載せるようにする

これだけで、お客は見ないという関門は大幅に回避できるはずです。

 

2、信じてもらえるようにする

例えば本当にその商品やサービスを購入、利用する事でその効果を得る事ができるのか?

お客さんはとても不安に思っています。

なので、よく見かける手法としては、

・ビフォーアフターを載せる

・お客様の声を載せる

・資格や受賞歴を載せる

・著名人を使う

などの方法を使って商品やサービスに信頼性を持たせようとしています。

例えばあなたのサロンのお客様の声はとても強力で、あなたが自分のサロンを自分でプレゼンするよりも効果的です。

通販番組などにもよく使われていますね。

※今回は薬事法や景品表示法の事には深く触れませんので各自考慮に入れて広告を製作してください

まとめると、

お客さんが信用に値するような証拠を掲載する

そうする事によって、お客は信じないという関門をクリアする事ができるはずです。

 

3、行動してもらえるようにする

これであなたのサロンの広告は大幅に見てもらえるようになったはずです。

最後は「行動してもらう」という事です。

もちろん連絡先や予約の方法などを載せるのは当たり前だとして、先に述べたお話からいうと、人は基本的には忙しく、あなたの広告に反応するという行動の優先順位は高くはありません。

なので、対策としては、

期間限定のオファーにする

というのがオススメです。

例えば「当サービスは50%オフ!ただし、今週末まで」といった期限を区切るものや、「先着10名様限定!」というように人数で区切る方法もあります。

つまり、お客さんに、

このオファーの逃してしまうと損ですよ

というメッセージを発信するのです。

そうする事によって、お客さんの行動の優先順位は上がり、行動に移してもらえる可能性は高まり、反応が出るという事になるのです。

サロン集客の鉄則はお客さんを理解すこと

以上、ざっくりと解説していきましたが、今一度あなたの広告や普段目にするライバルや他業種の広告を見てみて下さい。

きっと反応が出てそうな広告、出ていなさそうな広告がすぐに見分けられると思います。

もしあなたがこれらの事を踏まえて広告づくりを出来ていないのであれば、ぜひ取り入れてみて下さい。

きっと今まで以上の反応が得られるようになる可能性は格段に上がるはずです。

その他にも外せない要素や、消費者心理学、行動経済学に基づいた方法も深く解説していきますのでぜひ引き続きご覧ください。

また、以下の記事も合わせて参考にしていただけると、よりあなたのサロンの広告の反応を上げるためのヒントが見つかるかと思います。

<リスクリバーサルの記事リンク>

長くなりましたが、ぜひ参考にしていただいて、あなたのサロン集客にお役立ていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事が気に入ったらシェアしよう!